まんまるほっぺ〜のんびり楽しむ創作パン〜

たのしいパンやかわいいお菓子。好奇心とひらめきのままに日々あれこれと。 微量イーストや自家製酵母。気まぐれにいろいろ作っています。

カテゴリ: イベント・記念日

こんばんは☆今日はTABICAさんで動物デコパンのクリスマスイベントでした。  焼いていったパンダのちぎりパンはにんまり♪おとなり扁平(笑)こんなミニサイズ♪頭や体は1つ7〜8gパンは前日に作っておくつもりが予定がずれ込み当日の朝作成。ミニパンダの耳や手足を作ったこ ... 続きを読む

こんばんは☆

今日はTABICAさんで動物デコパンの

クリスマスイベントでした。

  
焼いていったパンダのちぎりパンは
IMG_20181212_171300
にんまり♪おとなり扁平(笑)



こんなミニサイズ♪
18-12-12-08-50-57-590_deco
頭や体は1つ7〜8g


パンは前日に作っておくつもりが

予定がずれ込み当日の朝作成。


ミニパンダの耳や手足を作ったことを

ちまちま成形しながら後悔しました(笑)



先日ご紹介した

雪だるまのミニちぎりパンのレシピで
DSC_0167
半分パンダに。



丸パンはレンジ発酵の練乳入り。
DSC_0165




今回は雪だるま、アザラシ、パンダのご希望。
IMG_20181212_200916
クリスマスなのでトナカイもね。




みんな集合。ワイワイ♪
DSC_0176
仕上げたパンはお持ち帰り。




TABICAさんでのデコパンイベント。
IMG_20181212_170919
会議室で行うためパン作り自体はありませんが

お絵描きやデコレーションがたっぷり楽しめます♪



来週も1つ クリスマスデコパンのリクエストが。

12/21(金)10:00から同じ会場で予定しています。

お部屋の予約がとれ次第 全体にも募集開始しますね。
18-12-12-17-17-34-199_deco
一緒にクリスマスデコパン楽しみましょ♪


最後までお読み下さりありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ    

更新・創作の励みになっています。


にいにのクリスマスプレゼント用に注文した

NintendoSWITCH。 


昨晩「納期未定」とメールが届いたので

クリスマスに間に合わないようなら

キャンセルしたい旨返信。


今朝「発送しました」と連絡が。  

在庫あったんかーい。

 
連絡してみるものですね。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

Instagram 



読者登録もありがとうございます 

先日LivedoorBlogのイベント「『たかシェフ先生』に『クリスマス映え』する料理を教わろう」に参加させていただきました。会場は東京ガス銀座スタジオ「Studio+G GINZA」スタジオからの眺め。銀座の一等地ですー。火ぐまのパッチョくんと電パッチョくんがお出迎え。お尻向け ... 続きを読む
先日LivedoorBlogのイベント
「『たかシェフ先生』に『クリスマス映え』する料理を教わろう」
IMG_20181127_134337
に参加させていただきました。



会場は東京ガス銀座スタジオ
IMG_20181127_105901
スタジオからの眺め。銀座の一等地ですー。





IMG_20181130_035239
火ぐまのパッチョくんと電パッチョくんがお出迎え。お尻向けてね(笑)


のたかシェフに

クリスマスメニューにピッタリな
「ローストチキン」
「サーモンのタルタル」
「洋梨のキャラメリゼ」

の3品を教えていただきました。
IMG_20181130_032927
初めてお会いしたたかシェフは
長いコック帽に落ち着きと品のある佇まい。
まさにホテル料・理・長。

奥さまのしょうこさんは
ブログページのイラストのように
黄色いエプロン姿で噂通り美人でかわいらしく♡
この日はカメラマンでのご参加。

お二人のやりとりを見ていると
それぞれ無理せず程よい距離感で
互いにそれぞれの好みや価値観を
尊重し合っている印象で。

何ともかわいらしく素敵なご夫婦に
理想の夫婦像を重ね触発されました。



たかシェフは手際よくスマートに
アシスタントの東京ガスの方と
分かりやすくデモンストレーション。
18-12-02-21-57-11-975_deco
手元は両サイドのスクリーンに
大きく映し出されます。
 



コレは
IMG_20181130_035132




丸鶏の鎖骨なのですが
IMG_20181127_112948
かわいい後ろ姿♡なんてこのあと食べてしまうのですけど…

お腹側を上にして盛り付けるので
鎖骨を取っておくと切り分けやすいそう。



たかシェフのデモンストレーションのあと
私たちはグループに別れて実習へ。

一緒のグループだったのは
わが家のここちのwacoさん
生活のメモの中山あいこさん  
・livedoor Blogの女性スタッフの方
と私の4名。

この丸鶏を目の前にしてしまうと
いざ調理に取り掛かろうとすると
躊躇してしまうものですが
 
なんとwacoさん
毎年ローストチキンを作られているそうで

率先して丸鶏に手を伸ばされ
IMG_20181130_034756
迷いなくナイフを入れ鎖骨をとって下さり

おかげさまで私達のグループは
出だしからとってもスムーズ♪


次にお腹側の肉と皮の間に指を入れ
ポケットを作ったら そこに
バターとローズマリーを入れていきます。
IMG_20181127_115439
これは丸鶏を触るのはおそらく初めての
あいこさんが恐る恐るでも躊躇せず
ぐいぐいと頑張られました。

バターを入れることで
乾燥しがちな胸肉のパサつきを抑えられるそう。

お腹に野菜を詰め、竹串で縫うように留めて。
あとはオーブンにお任せ。 
  


丸鶏を焼いている間に
再びたかシェフによる
残りのメニューのデモンストレーション。
IMG_20181127_124005
カラメルはイメージよりかなりしっかり煮詰める印象でした。いつももう少し手前で止めてしまってました。

各テーブルに東京ガスのスタッフの方が1名ずつ。
まな板が汚れればきれいなまな板にサッと交換。
オーブンの設定なども全て管理して下さり

こちらが料理に撮影に夢中になっている間に
洗い物や片付けもテキパキと。

こんなきれいなスタジオで美味しいところだけ。
贅沢だなぁと思いつつとっても快適でした


洋梨のキャラメリゼ。
カットとソテーはあいこさんが。
18-11-30-04-05-43-985_deco
フライパンを持ち上げたときに
ガスコンロの火が弱くなるのは
袖口に火がつかないためなんですね。


livedoorBlogスタッフの方も一緒に盛り付け。
IMG_20181130_015206
と、こんな風に皆さんを撮っている私は
サーモンのタルタルの具材を刻み
洋梨のキャラメリゼを盛り付けくらい^^;
 


そうこうしているうちに丸鶏も焼けて。
IMG_20181130_034524
切り分ける前に溢れる肉汁をバットへ。
もれなくソースに使います。



飾り切りしたフルーツと野菜は
IMG_20181130_015112

    

串でローストチキンにさして出来上がり。
IMG_20181127_134417




綺麗に切り分け盛り付けるコツも教わり
IMG_20181130_015008




ここでも我がグループはwacoさんが。
IMG_20181127_133028

    



皮もはがれずきれいに切り分け。
IMG_20181130_032734




盛り付けて~
IMG_20181127_133228
写真一枚からも手際の良さが伝わる不思議。

そしてwacoさんレシピのまとめも素晴らしく
シェフが話されていたポイントをもれなく。
とっても参考になります。


料理が並んだら、いよいよお楽しみの試食タイム。
IMG_20181203_122552
livedoorBlogスタッフの皆さんが
シャンパンなどもご用意下さり

スタッフの皆さんも一緒に
美味しいお料理を囲んで
歓談しながら楽しいひととき。


ローストチキンは
ローズマリーの香りが心地よくやわらかで
ソースもおいしくて

サーモンのタルタルは刻んで混ぜるだけ
簡単で美味しくパンにも合いますし
私にも作れそう♪

洋梨のソテーには
IMG_20181127_150913
たかシェフが作ってきて下さったプリンと
ハーゲンダッツバニラを添えて♡

どれも美味しく大満足でした。
 

たかシェフご夫妻はじめ
LivedoorBlogスタッフの皆さま
東京ガス銀座スタジオの皆さま
ご参加のブロガーの皆さま

楽しく充実したひとときを
どうもありがとうございました。

【ご参加の皆さま】
・joli!joli!さん     おうちごはんとおかしとねこ   http://jolijoli.blog.jp/
・wacoさん   わが家のここち。     http://wagacoco.com
・中山あいこさん  生活のメモ   http://seikatsunomemo.com
・なおさん    Happy Living    http://happyliving.blog.jp/
・lilicocoさん    COSTCO生活        http://costcolover.blog.jp
・EHAMIさん EHAMIの賃貸DIYリノベーション|DIYで造るお気に入りの暮らし     http://ehami123.blog.jp/
・ナナイロペリカンさん      たまご絵日記  http://nanairo-perikan.blog.jp/
・Y'sさん    Healthy & Beautiful Life        http://ys-recipe.blog.jp/
・めろんぱんママさん      めろんカフェ  http://meloncafe.blog.jp/
elie.さん elie's house     http://snowdiva-elie.blog.jp/
・ユキコさん  ゆとりあるシンプルなの暮らし  http://yutori-simple.com
・せせらぎさん  きみといっしょに       http://www.kimitoissyoni.com

私はのんびりでしたので
皆さんは既にレポをUPされていらっしゃいます。

同じイベントに参加して 同じ経験をしても
視点や感じることも人それぞれ。

皆さんのレポートを拝見するのも
参加後の楽しみだったりします。


【過去の丸鶏との触れ合い】
長文、最後までお読み下さり ありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。  


記憶が新しいうちに

今年はローストチキン

挑戦できたらな♪


Instagram 



読者登録もありがとうございます


こんばんは☆先日開催したTABICAさんでの動物デコパンイベント。リクエスト下さった方がいらっしゃり再び開催することとなりました。内容を一部見直しまして・お持ち帰りのデコキットなし・私が焼き上げたパンにデコレーション・それに伴い参加費もお安く写真はイメージです ... 続きを読む

こんばんは☆


先日開催したTABICAさんでの

動物デコパンイベント。


リクエスト下さった方がいらっしゃり

再び開催することとなりました。



内容を一部見直しまして

・お持ち帰りのデコキットなし

私が焼き上げたパンにデコレーション

・それに伴い参加費もお安く

18-11-23-15-37-12-619_deco
写真はイメージです。デコするパンは当日のお楽しみ♪3種程予定してます。

仕上げたパンはご参加の皆さんで分け合い

ラッピングしてお持ち帰りいただけます。



クリスマスも近いので

マジパンで作ったサンタ帽をかぶせたり 

ちょっとクリスマスっぽくしようかなと。
32ae7e5c-s
コレはアポロですけど。


12/12(水)10時から

会場は東京の永田町駅から徒歩2分の 

Nagatacho GRIDにて

参加費は¥1,880です。
 

詳細・募集ページはこちら。

また、下記のクーポンページからのお申込み

先着5名様は30%offでご利用いただけます。

よかったらご利用下さいね。


前回のイベントでやっぱり こういうビフォーアフターが
18-11-27-10-08-24-992_deco
おもしろいなと思ったので。

お絵描きやデコレーションをたくさん経験して

楽しんでいただきながら帰る頃にはお上手に♪

ご参加お待ちしております^^


最後までお読み下さり ありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。


今日は素敵なイベントに参加してきました。

お腹いっぱいで夕飯…いらないみたい。

またレポ書きますね。


*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


Instagram 



読者登録もありがとうございます


こんばんは☆今日はハロウィンを楽しまれた方もいらっしゃるかな。先程の続きです。TABICAさんでの動物デコパンワークショップで改めて思ったのですがビフォーアフターって楽しいですよね。ダイエットだったりメイクだったりリフォームだったりパンの変身もやっぱり楽しいな ... 続きを読む
こんばんは☆

今日はハロウィンを楽しまれた方もいらっしゃるかな。


先程の続きです。


TABICAさんでの動物デコパンワークショップで

改めて思ったのですが



ビフォーアフターって楽しいですよね。



ダイエットだったり

メイクだったり

リフォームだったり



パンの変身もやっぱり楽しいなぁと。




シンプルなかぼちゃパンが
IMG_0434
いじけてるかぼちゃくんに♡
斜めになっちゃいまして





得体の知れない物体が
IMG_0432
あっちょんぷりけ〜♡なカッパに。






なんてことないちぎりパンが
IMG_0431
身を寄せ合うニワトリ親子に。





描く前と後では 映り方も変わり
FullSizeRender
愛着も湧いたり






かえって
FullSizeRender
食べづらくなってしまう場合もありますが。






触角と羽根を忘れ
FullSizeRender
バーコードで終わったハチ。

お持ち帰りいただいて

バーコードのままお腹に消えたかな?

それともハチになれたかな。





今回のかっぱパンたちはみんな
FullSizeRender
しもぶくれ気味でしたが





箱入りカッパになり
FullSizeRender
幸せにもらわれてゆきました。






FullSizeRender
囚われの身♡




今月もおつかれさまでした。

おやすみなさい☆


最後までお読み下さり ありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。


アプリでスライドショーにしてみました。

写真を入れるだけで勝手に音楽やモーションが。

便利ですね。インスタのストーリーズに。


*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


Instagram 



読者登録もありがとうございます

以前お知らせしていたTABICAさんでの動物デコパンのワークショップ。昨日無事開催することができました。市販のパンにデコレーションをする企画だったのですがせっかく遠くから来てくださるのだから…せっかく直接お会いできるのだから…そして「満足いただけるかしら?」と ... 続きを読む
以前お知らせしていたTABICAさんでの動物デコパンのワークショップ。

昨日無事開催することができました。


市販のパンにデコレーションをする企画だったのですが

せっかく遠くから来てくださるのだから…

せっかく直接お会いできるのだから…

そして「満足いただけるかしら?」との不安も相まって



はい、発作出ました。



TABICAのご担当の方に怒られちゃうかな?と思いつつ

明日ハロウィンだし…いいよね?

とよく分からない言い訳を心の中でしつつ

朝もはよから暴走しまして。



こんなのとか
IMG_0368





あんなのとか
IMG_0362
事前にお聞きしていた参加者のお好きなパンを中心に




IMG_0364
早朝からあれこれ焼きまして持参。



デコし放題のデコ道場と化しました(笑)




竹炭パウダーとブラックココアパウダーの違いや
FullSizeRender
フードペンや爪楊枝、筆など道具による書き味や仕上がりの違いなど

実際に体験してもらい感覚を掴んでいただいて。




まずは市販のパンにデコレーションを楽しんだ後
FullSizeRender




焼いて持参したパンにも
FullSizeRender
時間の許す限りデコレーション♪



パンへのデコが始めての方も

これだけこなすとさすがに慣れるようで


部位ごとの道具の使いわけや

書き味や仕上がりの違いなど 感覚も掴んでこられ
FullSizeRender
アレンジで赤い目の雪うさぎ風にしてみたり♪




最後の方は線もとても綺麗に。
FullSizeRender
ちょっと多かったかもしれませんが

経験値はたくさん積んでもらえたはず^^;


お持ち帰りのデコパンキットをご活用いただき 

ご自宅でもまたご家族やご友人との

楽しい時間が生まれたら嬉しいです。



自分たちが描いたものでワーキャー言いながら

キュンキュンするデコパン道場(笑)
FullSizeRender
パン作りがないと物足りない?

逆においしいとこどり?

感じ方は人それぞれかと思いますが

今回はなんてことないパンが

思わずにっこりしてしまうパンへと

変身していく過程を一緒に味わえて

とっても楽しかったです^^



TABICAは自分たちでいろいろな体験を

企画できるところなので

こんなイベントがあったら嬉しいな。

そんなご意見ありましたら気軽にお声掛けくださいね。

ニーズがありましたら喜んで企画させていただきます。

手頃な会場さえあればパン焼きもしたいのですがー。



TABICAの細川さんがカメラマンと化し

素敵な写真をたくさん撮って下さいました♪

長くなってしまいますので次の便で。
FullSizeRender
かわいいビフォーアフターを

たっぷりお届けできたらと思います。



最後までお読み下さり ありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。


朝の通勤ラッシュの東海道線。
特に川崎〜品川間が激混みで 

体制を立て直そうにも足の踏み場なく
たくさんの荷物を抱え死守。

じんわり筋肉痛の本日です。

*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


Instagram 



読者登録もありがとうございます

こんばんは☆先日11回目の結婚記念日でした。子供たちも少しお留守番できるようになったので夕飯を準備して主人と早めのディナーへ。まめたん「えー!まめたんも一緒に行きたーい」にいに「いいよ。二人で行ってきなよ」そのあたり まだちょっと差がありますが^^;今回はにい ... 続きを読む
こんばんは☆

先日11回目の結婚記念日でした。

子供たちも少しお留守番できるようになったので
夕飯を準備して主人と早めのディナーへ。

まめたん「えー!まめたんも一緒に行きたーい」
にいに「いいよ。二人で行ってきなよ」

そのあたり まだちょっと差がありますが^^;
今回はにいにに甘えて。

近所のヘルシーフレンチブラッスリーアムールへ。

駅近で目の前に大きな道路もあるのですが
中に入ると まるでそれを感じさせない
静かでゆったりとした空間。



まず出てきたのはこちら。

FullSizeRender

マスカルポーネとスモークサーモンと柿のコンポートだったかな?
最中でサンドし手で持っていただくとのこと。

フレンチのコースでいきなり素手でかぶりつく(笑)
ちょっとびっくりしました。ハンバーガーの思い出が蘇る。

クリーミーなマスカルポーネとスモークサーモンの塩気と柿の甘みと。絶妙なバランスで美味しい♪



そして気になっていたのが季節のお野菜を使ったパフェ。

FullSizeRender

この日はビーツを使ったパフェでした。
シャーベットやムース、ジュレになったりと
 一つの野菜が素材の良さを生かして七変化。

甘いパフェではなく ほんのり心地い塩気が
野菜の旨味を引き立てて。
繊細で見事な美味しいパフェでした。

季節が変わるたび このパフェだけでも食べに来たいな。



お肉はもちろん お野菜が本当に美味しくて。

FullSizeRender

どれも作り手の優しさが伝わってくるようで
心身ともに満たされます。

どんなお野菜使ってるのかな?
覗いてみたら

信州の伝統野菜「佐久多古きゅうり」に触れる
むちむちおててが




カルパッチョやパテなど。
IMG_0207
一つひとつご説明下さったのですが…
しっかりと美味しい記憶だけは残っています。

店員さんの感じもよく とても心地良いお店でした。
またお邪魔しまーす。



結婚して丸11年。
振り返ると主人に 双方の両親に 子供たちに
感謝しかないのだけど。

甘え過ぎて当たり前なっていて
見えていないものもありそうな…

あ、でも気づくための試練とかいらないな
これからも家族皆 心身ともに健康で。

離れている分 互いに思いやりと想像力を大切に
12年目もよろしくお願いします。


最後までお読み下さり ありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。


単身赴任ももう4年。来年もかな?

すっかり心地良くなってしまって〜。


*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


Instagram 



読者登録もありがとうございます

先日参加させていただいた歌川たいじさん原作の映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の試写会。ようやく振り返って整理しながら自分なりの視点で素直に感じたことや映画の魅力について今更ながらではありますが書かせていただきました。(長文です)前編では映画の内容には触 ... 続きを読む
先日参加させていただいた
歌川たいじさん原作の映画
「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の試写会。

ようやく振り返って整理しながら
自分なりの視点で

素直に感じたことや
映画の魅力について

今更ながらではありますが
書かせていただきました。(長文です)



前編では映画の内容には触れていませんので
後編という名のこちらが本編です。

FullSizeRender
映画の中でも度々登場する母の思い出が詰まったまぜご飯。歌川さんが当日の朝40人前作ってきてくださり。

FullSizeRender
しっかり味のご飯にふんわり薄味の卵。別添えのちぎり海苔をかけて食べると、味と風味のバランスが絶妙でとっても美味しかったです♡


映画を見る前の疑問

今回映画を鑑賞するにあたり
私が関心を持っていたのは大きく2点。

一つは、母親から充分な愛を受けられずに
育ったタイジ(主人公)が

どうして溢れるほどの愛を与えられる人に
育つことができたのか。

FullSizeRender
(サービス精神旺盛で愛情ダダ漏れの歌川さんから感じる疑問)

もう一つは、光子(タイジの母親)は
なぜタイジを突き放し
愛情を注ぐことができなかったのか。

吉田羊さんが「共感できない」
と言われていた光子は
一体どんな人物だったのか。

そのあたりにも興味がありました。


映画を見て共感したこと

映画の中で 
母を求め 拒絶されても何度でも
まっすぐ母へと向かっていくタイジの姿は
幼き日のわが子の姿とも重なり
痛々しいほどよくわかり

一方で 子どものまっすぐな大きな愛を
受け止めきれない光子の苦しみが
わかるような自分にも気づきました。

そこから自分はこの映画を
光子目線で観ていたように思います。


子ども目線での母親と

子供を実際に産み育ててみて 初めて直面した
無防備に まっすぐに 見返りも求めず
ただただ愛情をぶつけてくる子どもの存在。

自分にとってそれは衝撃でした。

なぜなら、無償の愛を持っているのは
親の側であると思っていたし

親から自分(子)への
大きな愛を感じることはあっても

自分(子)から親への
強い愛はあまり自覚することがなかったから。


実際は幼少期の子どもの愛は
大人が思う以上に大きく

多くの子どもの心の中は
「ママ」で溢れているようです。

ゆえに その母親に拒絶されるということは
幼い子どもにとっては絶望的なことであり
自分を全否定されるのと同じこと。

大好きな母の代わりはおらず
どうしたって子どもの執着は大きいもの。

幼き日のタイジにとっての苦しみも
非常に深く大きいものだったと思います。

母親目線での子どもと

一方で 子どもの「お母さんでないと」との執着。
自分を必要としてくれることは

母親にとっては
我が子への愛しさが増す要因でもあり
時には息苦しさを覚える要因でもあり。

やはり自分以外にも子どもに愛情を注いでくれる
愛を受け止めてくれる
周りの大人たちの存在や関わりが必要で。

余裕なく心が苦しくなった時に
子どもがかわいいと思えなくなった時に
少し離れる時間が必要で。(数時間でも)

そのためにも 頼れる身内や近所の方だったり
利用できるサービスだったり
なんらかの形でそれができる環境が
子育て中に孤独を抱えがちな母親には必要で。


(「子供と離れる時間」について補足です。

娘の出産のための入院中。
2歳半の息子と初めて離れる機会がありました。

毎日一緒にいた息子と
たった二日間会わなかっただけなのですが

次に会った時 びっくりしました。
「このとてつもなく愛しい存在はなんだろうと」
顔を見ただけで涙が自然と溢れ
苦しいほどに愛しいのです。

その時自分の目に映ったのは
「自分の息子」という感覚ではなく
たった2歳半の健気でいじらしい
とてもかわいい一人の男の子。

きっと孫を見る気持ちは
こんな気持ちなのかなと。 
祖父母から見る孫のかわいさが
分かった気がしました。

そんな記憶もあり
四六時中子供と一緒にいる環境にある
乳幼児を抱える母親にとっては

子供と少し離れる時間
自分らしくリフレッシュできる時間が
親子の良好な関係を保つ為にも
必要と思うためです。)


光子の気持ちを理解したいと観始めましたが
途中からは 満たされない光子の苦しみを
どうにか軽減したい、救いたいという気持ちで
いっぱいになっていったように思います。

FullSizeRender
momoちゃん持参の著書にサインされる歌川さん。

無償の愛を受け 戸惑い

子どもを産んだら 親になったら
誰でも子供に対して深い愛情を持てるのか?

生まれた時のスタート地点は同じでも
親になる時のスタート地点は
その人の経験や人生のステージにより様々。
決して同じではないし戸惑って当然。


自分が充分に愛情を注いであげられなくても
愛される資格などないと思っても
ただただ自分を求め愛してくれる。

どんなに暴言を吐き 突き放したとしても
不完全で頼りない姿であっても
全てを受け入れ愛してくれる。

そんな子供の存在から受ける影響は大きく
大変にありがたく 贅沢に感じる一方で


自分に向けられる
子供の純粋でまっすぐな大きな愛に触れると

子供に対する自分の愛情の足りなさに気づき
自分の不完全さが露呈され

それは おそらく完璧主義な方や
これまで愛を受け取り慣れていない方にとっては
より戸惑いを感じるでしょうし

時には受け入れがたく
苦しみを覚える場合もあるかもしれません。

光子の姿を見ながら そんなことを思いました。

引き込まれる構成と魅力的なキャスト陣

映画では、タイジが大人になってからの姿と
幼き日を行ったり来たり。

切なさ、苦しさ、愛しさ、
あったかさ、怒り、悲しみ。

20分に1度位のペースで
何度も心を大きく揺さぶられたように感じます。

魅力的なキャスト陣にどんどん引き込まれ。
グッときて 心震え 涙して…心が忙しい。

でもそれも心地よく
「もうちょっと観ていたい」
というところで映画は終わり
すでに続編を見たい自分がいました。

IMG_0175

おばあちゃん役の木野 花さん
素敵な歳の重ね方をされていて
役にぴたりと。印象的でした。

親友キミツ役の森崎ウィンさん。
華があって柔軟性があって。
役柄によって変幻自在なんだろうなと。
魅力的な方でした。

タイジ役の太賀さん
すごくナチュラルなのだけど
それゆえに演技力の高さを感じさせる
とても存在感のある方でした。

タイジの母・光子役の吉田 羊さん
美しく繊細で、壊れそうなギリギリ感や危うさ
抱える葛藤など 細やかに表現されていて
迫真の演技も胸に迫ります。

幼少期タイジ役のぽっちゃり男の子小山春朋くん
母を想う純真で健気な姿はとてもかわいらしく
ストーリーが進むにつれ愛しさも増してゆき。
(歌川さんの幼少期のお写真にそっくり)

ご紹介したのは一部の方ですが
主演から脇役の方々まで演技が光る
愛に溢れた素敵な映画でした。


愛に溢れる人を育てる環境

母に受け入れてもらえず、もがき苦しみながらも、
怒りや憎しみで終わらせず

愛を与え続けることのできたタイジのそばには
ありのままを受け入れ
愛を注いでくれる仲間がいました。

人は人からされたことを
知らずのうちに人にしてしまうものですが

タイジのように
例え母親からの愛情を充分に受けられなくても

周りで愛を注いでくれる
大人や友人の存在がいることで
愛に溢れた人になることも可能なのだと

希望が見えるようでした。

一方で、映画終了後 歌川さんからのお話で
「深く傷ついた心が戻るには何十年もかかる。」
との 現実の声にハッとしました。

FullSizeRender
一人一人に手書きのカードまでご用意され。


映画を通して

「親だから」「子どもだから」という
立場的なことではなく

それぞれ「ひとりの人間」としての
愛や憎しみ 強さやもろさを感じ

愛が不足している人には
愛を与えられる人が寄り添い。

デコボコしたそれぞれの違いを否定することなく
ありのままを受け入れ互いに補い合いながら

そこで生まれる心地よさだったり
不完全だからこその人間らしい魅力。
そんなものが伝わってくる映画でした。

届くべきところへ

「この映画を世の中の痛みのある心へ。
届くべきところへ届けたい」

そんな歌川さんの心の叫びが胸に響きました。

映画は11/16(金)より公開です。
最初の三日間が勝負とのこと。
観る方によりいろんな立場で鑑賞でき
様々な感じ方や意見が生まれる作品だと思います。

この映画が「届くべきところ」へ届き
幸せな親子が増えますように。


長文、最後までお読み下さり
どうもありがとうございました。