まんまるほっぺ〜のんびり楽しむ創作パン〜

たのしいパンやかわいいお菓子。好奇心とひらめきのままに日々あれこれと。 微量イーストや自家製酵母。気まぐれにいろいろ作っています。

カテゴリ: イベント・記念日

<a href="http://putimimin.blog.jp/archives/12542803.html" data-mce-href="http://putimimin.blog.jp/archives/12542803.html">【お知らせ】TABICAさんにてデコパンワークショップを開催します♪ : まんまるほっぺ〜のんびり楽しむ創作パン〜</a> 昨日は1つの生地から複数 ... 続きを読む
昨日は1つの生地から複数のパンを焼きながら
同時にパーティー料理も仕上げる
竹内絢香先生のレッスンへ。

絢香先生は 料理家でありながら
パン教室講師の養成のほか
地方再生の活動や地域・行政とのコラボ事業
田舎起業など5つの活動を展開されている
株式会社「パンとくらし」の代表取締役でもある
二児の母。

肩書きだけ聞くとバリバリのキャリアウーマンのようですが
写真の笑顔そのままのやわらかな雰囲気の魅力的な先生です^^

今回のレッスンはパン教室の先生ではなくても
参加できるとのことで迷わず申し込み。

(「おもてなしパーティーアドバイザー」の1DAY体験レッスンとは分かっておらず)

パンと一緒に料理を仕上げていく効率の良さ
華やかなパーティーテーブルに仕上げるワクワク感
そしていつもキラキラとパワー溢れる絢香さんに
お会いしたくて行ってきました。

FullSizeRender
早速ですが華やかなパーティーテーブルから。
ドットのテーブルクロスがかわいい♡

「おもてなしパーティーアドバイザー」の講座では
1つの生地から3種のパンとなんと10品のお料理を
2時間程で仕上げるそうです。
今回は体験会とのことでお料理は5品。

低温長時間発酵のパン生地なので
1次発酵後の生地を取り出し
分割・ベンチタイムからスタート。

そこからパンを成形し焼き上げるまでの間に
お肉に下味をつけたり
ディップやポタージュを作ったり
サラダやシュープリーズを仕上げたりと
無駄なく同時並行で仕上げていきます。

今回はパンをくり抜き器にするサンドイッチ
「シュープリーズ」の作り方を教わり

FullSizeRender
絢香先生のデモの後



一人1台実践。
FullSizeRender
くり抜いたパンはサンドイッチにしていきます。





イロトリドリの野菜をサンドして詰めれば
FullSizeRender
パーティー感のあるシュープリーズの出来上がり♪





FullSizeRender
ローストポークも漬け込んで焼くだけ。






それらが
FullSizeRender
サラダも小さなカップに高さを出して盛りつけたり

アンチョビディップをつけて食べるバゲットも
スティック状につまみやすくカットしたりと

スタイリング次第で華やかなパーティー料理に。



絢香先生がいろいろとアイディアを出して下さり
私たちが好きにスタイリング…
FullSizeRender
するはずが
今回は皆さんあまり積極的に手を出せず。
迷ってしまい絢香先生にお任せ



FullSizeRender
ストーンプレートに文字を書くのもすみません。
(過去に超ど下手メッセージプレートの記憶が)


素敵に仕上げていただきました。
IMG_9477
スープも小さなカップでスプーンをさして
取り分けたお皿にものるサイズ♪



ビスケットにレモンアイシングと
ジャムやコンポートを乗せただけ。
FullSizeRender
簡単・かわいい・つまみやすい♪
パーティーにぴったり。




FullSizeRender
レンチンのりんご煮とミントでバラに。




どれも簡単なお料理なのですが
FullSizeRender
盛りつければあっという間におしゃれで楽しいテーブルに。

パーティーアドバイザー講座。
私のように料理苦手・段取り下手な主婦の方や
お友達を招いて無理なく楽しくホームパーティーをしてみたい方などにもおすすめの講座かなと思いました。


今回のレッスンは内容的に充実しているものの
ゆったりとリラックスできる空間の中
優雅な絢香先生の所作も素敵で
心癒され満たされる時間でした。


初めてお会いできたものの
あまりお話をする時間もなかったのですが

今回は絢香さんのスタジオでのレッスン
ゆったりお話できる時間もあり

それぞれが一歩前に進めるよう 絢香先生が
参考例を挙げたり具体的なイメージが湧くよう
会話の中でさりげなくリードして下さったり。

とてもあたたかで頼もしい絢香先生を囲んで
ご参加の皆さんのお話もいろいろ聞けたり
交流ができた時間も楽しく充実したひとときでした。

絢香先生は私にとって癒しとパワーをいただける
パワースポットのような方。(きっとたくさんの方にとっても)
ぜひまた会いに行かせて下さい^^


最後までお読み下さりありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。


絢香先生はご多忙なはずなのに
周りの空気感はとてもゆったり。

効率の女神に倣い
まずは音声入力から_φ(・_・



*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


Instagram 



読者登録もありがとうございます


こんにちは♪今日は初めてのワークショップのお知らせです。先日TABICA(たびか)さんよりお声掛けいただき 動物デコパンのワークショップを開催することになりました。「TABICA(たびか)」は様々な体験や交流イベントが楽しめるコミュニティ。同じライブドアブログのパワーブロ ... 続きを読む
こんにちは♪
今日は初めてのワークショップのお知らせです。

先日TABICA(たびか)さんよりお声掛けいただき 動物デコパンのワークショップを開催することになりました。

FullSizeRender

TABICA(たびか)」は様々な体験や交流イベントが楽しめるコミュニティ。

同じライブドアブログのパワーブロガー阪口ゆうこさんもTABICAさんでイベントを開催されているのでご存知の方もいらっしゃるかも?

ところで、今回なぜ私に声がかかったのかと言うと 以前ブログに書いたご近所さんとの流しそうめんの記事がきっかけだったようで。

ちょうどTABICAさんでも流しそうめんイベントが開催中→検索でたまたまたどり着いたご担当Hさんの目に留まる→作っているパンに興味を持って下さりご連絡いただく。

そんな流れでお声掛けいただきました。

IMG_8998
とはいえ、一体自分に何ができるのか。
不安や疑問を素直にぶつけてみたところ

ご担当の方のご対応が誠実・迅速で頼もしく。
楽しむことにとても前向きな姿勢に「何かご一緒できたら楽しいかな」と。

ちょっぴり勇気を出してご提案に乗ってみることに。これまたご縁ですね^^


また「ブログの読者さんやインスタグラムのフォロワーさんなどとの交流イベントとしてご活用されても」とのご提案もひと押しとなり

日頃よりご質問の多い 動物パンのお顔描きなどを一緒に行い それぞれ作品に仕上げて写真を撮って〜そんな時間も楽しいかな?と

かわいい動物パンに仕上げるデコレーションに焦点を当てたイベントを開催することになりました。

FullSizeRender
今回は市販のパンにデコレーションするため
パン作りのご経験は不問です。 


ぷちみみんと学ぶ簡単デコパン講座〜丸パンがキュートな動物パンに変身〜

・10/30(火) 10:00〜12:00
・11/17(土) 10:00〜12:00

東京都千代田区永田町(Nagatacho Grid)にて

詳細は後日公開予定のTABICAさんの体験ページにてご案内いたします。

デコに使用するパウダー類や道具は全てキットにしてお持ち帰りいただき、ご自宅でもすぐ楽しんでいただける形にできたらと。

お持ち帰りの箱やラッピングなども含め 何がいいかな♪とワクワクと考えています^^

FullSizeRender
お申し込みはTABICAさんHPからになります。もし興味を持って下さった方は 事前にTABICAさんにてご登録を済ませていただくとスムーズです。
(Facebookでのご登録が一番簡単なようです)


まもなく詳細ページが完成予定です。
募集開始の際は またブログやインスタグラムにてお知らせいたしますね。

募集開始しましたhttps://tabica.jp/travels/5845
クーポンページはこちらからどうぞ

最後までお読み下さりありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。



歳を重ねても 

新しいことを一歩ずつ👣
 


ぷちみみんはストーリーズへのリポストを覚えた(*´ -`)(´- `*)



*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


Instagram 



読者登録もありがとうございます


三連休の初日。東京・竹芝のHAPPY COOKINGへ。藤田裕子(ひろこ)先生の「塩バターホーローパン®︎」レッスンに参加してきました。バターを冷やしてきっちり包んでも焼けば天板に流れ出てしまう塩バターパン。それがホーロー容器に入れて焼くことで流れるバターを全て受け止め ... 続きを読む
三連休の初日。東京・竹芝のHAPPY COOKINGへ。
藤田裕子(ひろこ)先生「塩バターホーローパン®︎」レッスンに参加してきました。


バターを冷やしてきっちり包んでも
焼けば天板に流れ出てしまう塩バターパン。

それがホーロー容器に入れて焼くことで
流れるバターを全て受け止め 揚げ焼き状態に。

バターも無駄なく天板も汚れず
更に食感も良くなりといいことずくめ♪

FullSizeRender

更に旨味を引き出せるよう 発酵料理研究家でもある裕子先生ならではの工夫も




前のテーブルでは裕子先生が捏ねや成形のデモを。
それを囲むように20名の受講生たちがぐるっと。

FullSizeRender

受講生はパン作り初心者の方からお教室の講師の方まで。
そのため基本的な話からちょっとマニアックな話まで♪



後ろの方にもよく見えるように 手元の様子は常に大きなスクリーンへ映し出されます。

FullSizeRender

捏ねないホーローパン®︎レッスンもありますが
今回の塩バターパンはしっかり捏ねる生地。

それぞれ目の前の生地と向き合い
部活のように一生懸命捏ね上げます。

捏ねや成型時には裕子先生がお一人お一人のところを回られ手取り足取りサポート。

アシスタントにはHAPPYCOOKINGの先生も入られ レッスンはスムーズに進みます。



ホーローパンは材料の混ぜ・発酵もホーローの中で行うのでボウルもラップも不要。

FullSizeRender

洗い物が少ない点も魅力です。




成形が終われば20名のホーロー容器が続々と発酵器へ。

FullSizeRender

皆さん同じ富士ホーローのcukka(クッカ)Lサイズ。
でも新作のいちご柄の方やムーミン柄の方などデザインはいろいろ♪



FullSizeRender

発酵後はぷっくりぎゅうぎゅう♡

それぞれ捏ね上がりの温度も違うので発酵具合も様々。発酵が完了したものからどんどんオーブンへ。


FullSizeRender

そのあとは次々と焼き上がり。
ぞくぞくとホーローパンが並んでゆく姿に皆ワクワク♪



FullSizeRender

焼き上がったら型から外して裏返しに。





FullSizeRender

染み出たバターで底面はこんがりサクサク♪
粗熱をとって〜あたたかいうちにまずは試食。

カリッとジュワッともっちり〜♡
期待が大きくなっていたにも関わらず
とっても美味しくて♪

このおいしさはぜひ
たくさんの方に味わっていただきたいなと。
しあわせな余韻の中思いました。

FullSizeRender
試食パンを切り分けるひろこ先生。
試食時にいただいたほんのり甘いココナッツ風味のパンも
ベリーたっぷりのもっちりハードパンもとっても美味しかった♪

いつも裕子先生のレッスンに参加すると
先生お気に入りのものをシェアして下さったり
欲しい方がその場で持ち帰れるよう
痒い所手が届く配慮がある点も楽しみで。

親切で人懐っこい魅力的なお人柄と共に
リピーターになってしまう理由かもしれません♪

裕子先生自身も様々なシェフのレッスンに参加され
それを刺激にまたご自身のレッスンにも反映・生徒に還元。そんな進化し続けるレッスンも魅力です。

FullSizeRender
充実の内容と美味しさ保証で人気の塩バターホーローパンレッスン。この日もキャンセル待ちが20名。
また来年もHAPPY COOKINGにて予定されているそうですよ。

以上 レッスンレポでした。

【関連記事】
最後までお読み下さりありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。



今回のレッスン。
5月に申し込んだのですが
楽しみなあまり7月開催のレッスンに
フライングで参加しそうに(笑)

前日夜に予約完了メールを確認し
勘違いに気付きセーフ^^;
相変わらずです。

*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


Instagram 



読者登録もありがとうございます


一口チョコを包むミニサイズのチョコパン。頭のアーモンドスライスとサイズ感がかわいらしいこちらのレシピで↓ ひとくちチョコIN♡ミニチョコパン♡ by れっさーぱんだ粉量250gのココア生地を24分割。今回は一口チョコがなくカットチョコを5gずつ。一口チョコなら計量い ... 続きを読む

一口チョコを包むミニサイズのチョコパン。

IMG_7054

頭のアーモンドスライスとサイズ感がかわいらしい

こちらのレシピで↓

Cpicon ひとくちチョコIN♡ミニチョコパン♡ by れっさーぱんだ


粉量250gのココア生地を24分割。

今回は一口チョコがなくカットチョコを5gずつ。

FullSizeRender

一口チョコなら計量いらずで包むのも簡単。



オーブン天板2枚分。24コの成形。

FullSizeRender

小さめのオーブンなら半量でも。



ココア生地は焼き色が分かりにくく

ちょっぴり焼き過ぎ乾燥気味に。

FullSizeRender

次は180℃ 12〜13分で_φ(・_・




夏場は冷めても常温でとろりんチョコ。

FullSizeRender

気軽につまめるミニサイズ。夏休みのおやつにも。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


昨日は家族でフォトスタジオへ。

ご近所さんに教えてもらった

ナチュスタジオ センター北 ヨツバコ店

まめたんの七五三撮影でした。

FullSizeRender

着付けを終えていざ撮影という時

「一人で撮るのやだ。ママと一緒がいい。」

まめたんが急に泣き出し鼻も赤くなり…



にいにがひょっこりして笑わせたり

スタッフの皆さんも優しく受け止めて下さり

無理なく上手にコミュニケーションを。

徐々に笑顔も戻り無事撮影できました。

IMG_7080

予約スケジュールも無理なくとっているようで

急かされることなく 待ち時間もなくスムーズ。

店内はナチュラルなホワイトアンティークで

落ち着いた雰囲気の快適なスタジオでした。


最後までお読み下さりありがとうございました。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています。

感謝(●︎´-` ●︎)
 

私もメイクや着付けをしてもらってリフレッシュ。

たまに綺麗にしてもらうのもいいな。

昨日はメロンパンdeコッタのレッスンへ。講師は紫陽花メロンパンのレシピでもお世話になったelly.hanaさん。いつも楽しいイベントの企画や 数々のユニークな作品で楽しませて下さるバイタリティー溢れる方。一度お会いしてみたかったんです♪あの地道で細かなクッキー部分の ... 続きを読む
昨日はメロンパンdeコッタのレッスンへ。
講師は紫陽花メロンパンのレシピでも
お世話になったelly.hanaさん。

いつも楽しいイベントの企画や 数々のユニークな作品で楽しませて下さるバイタリティー溢れる方。
一度お会いしてみたかったんです♪

あの地道で細かなクッキー部分の作業を
どのように進められていくのか。

一人で作るとモタモタしてしまうので
段取り的な部分にも興味があり。

そして何と言っても
このかわいい傘フォルムのメロンパン♡

FullSizeRender

更に会場は川崎・溝の口にある
La mala(ラメーラ)パン教室

以前出張うみぱん教室でもお邪魔した会場で
主催のかわいいゆり先生にもお会いできるんです♪
しっぽフリフリ行ってきました(笑)


パン生地は全てゆり先生が仕込んでおいて下さり
私たちはクッキー生地を作るところからスタート。

このパン丸みに合わせたクッキー生地。
ellyさんが作られた型紙に沿ってカットしていきます。

FullSizeRender

型紙は何度もこの傘メロンパンを作られる中で生まれたかたちだそうです。
この型紙がないとおうちで作れそうにないなぁと
思っていたら ちゃーんと帰りにくださって。



一見きっちりはめるのは難しそうに見えますが
絶妙な型に沿ってカットしたクッキー生地は
並べていくと自然と綺麗に仕上がりました。

FullSizeRender

パズルのようにピタッとはまると気持ちいい♪

メロンパンdeコッタのクッキー生地は
割れにくくするためにも柔らかいそうで
その分扱いが難しいんですね。
伸ばして型取りしたあと 一度冷やして。

今の気温だとすぐ柔らかくなるので
冷凍庫に避難させながら
アイスノンも活用しながらの作業。

紫陽花メロンパンに比べたら
カットするクッキー生地の枚数は少ないものの
やはりそれなりに大変だな〜と思っていたら

なんと!

FullSizeRender

何色ものカット済みのクッキー生地を
elly先生が事前にご準備されていたんです。

メロンパンdeコッタ。初めての方でも
時間内にスムーズに綺麗に仕上げられるように
かなり事前準備が必要な印象です。

でもelly先生は細かな作業がお好きなようで
それらも苦にならないご様子。


そして 今回は一人5個ずつのメロンパンを
同時に仕上げていくのではなく

一つ目の全員分の生地を成形→2次発酵→クッキー生地貼り付け→焼成と進めながら 
時間差で二つ目の生地を~と5回分。

私たちはどんどん次の作業の指示をもらいながら
進めていくだけなので休みなくただただ
忙しいだけなのですが(笑)

その間も発酵が進んでいくパン生地の管理は
とても難しかったはず。

FullSizeRender

時間差での発酵・焼成を5回+試食分の計6回分。
ゆり先生が皆さんのクッキー生地の貼り付けスピードを見ながら 次に取り掛かるパン生地の準備を。

講師のelly先生の側で 影武者のようにササッと。
洗い物や道具の準備、試食パンの準備なども
並行して休みなく動かれていて。

パン作りの知識や経験も豊富なゆり先生ですが
アシスタント力も素晴らしく感服

 
皆さん4コめ5コめともなると
クッキー生地の扱いにも慣れてきて

崩れたクッキー生地は弾いたり
クッキー生地がダレてきたら潔く冷やしたり。
だんだんと判断力もついてきます。


休まず夢中で作業すること3時間。

elly先生の緻密な事前準備と
ゆり先生の強力なアシストもあり

時間内に全員分のメロンパンが 
かわいく美味しく出来上がりました♪

FullSizeRender

そういえば 焼成途中にクッキー生地が
ずり落ちてしまったメロンパンが一つあるんですが
どれか分からないですよね?

elly先生が発見するとすぐオーブンから取り出し
ずり落ちたクッキー生地を修正。
再びオーブンへ戻すという神業を


焼き上がったら
真ん中に傘の柄になる部分をさしていきます。

FullSizeRender





マスキングテープで巻いた竹串に
持ち手はマジパン。

FullSizeRender

傘のてっぺんとフチに貼り付けたのは
シュガークラフト。
これらも全てelly先生がご用意。

elly先生は誠実で優しく面倒見のいい方。
そしてやはり手先が器用なのですね


試食ではメロンパンと共に
ゆり先生の作られたミルクフランスも。

FullSizeRender

これがパリッパリの美味しい生地で♪
美味しいミルククリームとマッチして最高でした♡



FullSizeRender
ランチョンマットは帰りにナチュラルキッチンで♪

レッスンに参加すると やはり興味・関心が同じ方との繋がりが生まれるのも楽しいですね♪

クッキー生地を共同作業で作る過程で 皆さん慣れてきて流れ作業のような。
生地の色ごとに分担したり クッキー生地の生産ラインのようで そんな時間も楽しかったり♪

ちょっぴりハードで楽しい時間をご一緒させていただいた皆さん。ありがとうございました。
 
メロンパンdeコッタ。
レッスンでは先生たちの強力なサポートがあるので
どなたでもかわいいメロンパンを仕上げて
持ち帰ることができますよ♪

今月26日にまだ一席空きがあるようです。
 

【関連記事】

最後までお読み下さりありがとうございました。
ご参考になりましたらぽちっと。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ更新・創作の励みになっています(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎ᵗʱᵃᵑᵏઽ*♡︎


昨日はアイシングのお花絞りを習いに「お菓子のおうち」のyuki先生のレッスンへ。まだ春休み中。子供たちは母に見てもらって。いつもありがとう♡シンプルな1種類の口金でこんなにたくさんのお花が絞れちゃうんです♪今回作ったもの。インスタでyuki先生の作品を拝見しこのお ... 続きを読む

昨日はアイシングのお花絞りを習いに
「お菓子のおうち」のyuki先生のレッスンへ。

まだ春休み中。子供たちは母に見てもらって。
いつもありがとう♡


シンプルな1種類の口金で
こんなにたくさんのお花が絞れちゃうんです♪

FullSizeRender

今回作ったもの。

インスタでyuki先生の作品を拝見し
このお花たっぷりのフラワーバスケットと
ドレスの繊細なレース部分に惹かれて♡

初心者でもOKとのことで受講してきました。

yuki先生のお教室は現在2箇所で開催。
目黒・学芸大学駅の「ワイン食堂matsu」でのレッスン(休業日開催)と横浜・日吉駅のご自宅でのレッスンとあります。

以前メイソンジャーのヘクセンハウスの時は目黒の方へ

IMG_1454

この時もインスタで拝見し心鷲掴みにされ♡


今回は日吉のご自宅の方へ。
日吉駅は慶応大学のキャンパスが目の前に。
平日の午前中は学生でいっぱい。

バスに乗ってすぐ。
今回は方向音痴の私も迷わず着きました。


ベースのアイシングが済んだクッキーやコルネは先生がご用意下さっていて
お花絞りに集中して取り組める形になっています。


まずはアイシングの固さなどについて説明があり yuki先生のお手本を拝見。

FullSizeRender

バスケットのカゴ編みから。




IMG_1359

ひと絞りごとに口金の先を当たり前のようにササッの拭かれていたのが印象的で。

こういう丁寧な作業が仕上がりの美しさを生むんですね。





IMG_1360

なんて見とれているうちに
あっという間に出来上がり。






そして いざ実践。

FullSizeRender

アイシング初心者の私は
まずまっすぐの線を引くところからもたもた。

ある程度ご経験者のある方なら
このバスケットは簡単にできそうです。

IMG_1362

上の方はお花をもりもりのせるので
細かい部分はあまり気にせず大丈夫。

ここまでできればあとは
底部分のなみなみを絞ったら出来上がり。



そしていよいよメインのお花絞り。

FullSizeRender

左手のフラワーネイルをくるくると回しながらコルネを絞り出し
するするする〜っとあっという間にお花が生まれていきます。



が、これが難しかったー。

先生の絞り出す様子を見ていると
流れるような自然な絞り出しに
わかった気になるのですが

いざ自分が絞ってみると あれれ?
全然うまくいきません( ;∀;)



センスゼロでお手上げの私には
yuki先生が二人羽織のように 後ろから手を添えて
感覚が掴めるよう何度も教えて下さり…

言い方を変えてみたり ボードにイラストを描いたりと
あの手この手で伝わるよう
デキの悪い生徒にも丁寧に根気よく。

もうこのあたりは余裕なく
気づけば写真は全くありません




そして お花パーツを必要数絞ったら
クッキーにのせデコレーションしていきます。

バランスを見て隙間に葉っぱを絞って。

FullSizeRender

スタートから4時間超
先生のさり気なくも強力なサポートで
私も無事完成。

前回参加した時も思ったのですが
アイシングって黙々と取り組むので
あっという間に数時間経っているのですね。
終わって時計を見てびっくり。


yuki先生の作られたキティちゃん♡

FullSizeRender

アイシングができたら楽しいですよね。
プレゼントにも喜ばれそうですし。

いつもアイシングやコルネなど
全てご用意いただいているところからのスタートなので

柔らかさや色の違うコルネを複数種類。
自分で準備するところがやはりハードルですが^^;


FullSizeRender

今回 動画なども自由に撮ってもらってOKとのことで
スマホで撮影させてもらいました。


せっかく丁寧に教えていただいたので
これは是非できるようになりたいですね

FullSizeRender

動画を見ながらイメトレ&練習して
成果をご報告したいところ。


yuki先生の「カゴ編みクッキー」と
「ギンガムチェックのアイシングクッキー」の動画は
C CHANNELでご覧になれます。
yuki先生のページ→☆☆☆


アイシングクッキー教室「お菓子のおうち」
Instagram


最後までお読み下さりありがとうございました。

一日一回クリックで応援いただけますと
ブログ更新・創作の励みになります。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


感謝(●︎´-` ●︎)

春休みも今日でおしまい。
次は4年生と2年生。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


Instagram 



昨日はmomoちゃんとノーリツ「毎日グリル部」の「スイーツデコ&フードフォト講座」に参加してきました。会場は新宿の ノーリツ東京ショールームにて。今回の講座は 絞るだけでお花になるあのロシアンノズル口金を使って3Dフラワーカップケーキをデコレーション。その後ス ... 続きを読む
昨日はmomoちゃんとノーリツ「毎日グリル部」の
「スイーツデコ&フードフォト講座」に参加してきました。

会場は新宿の ノーリツ東京ショールームにて。

今回の講座は 絞るだけでお花になる
あのロシアンノズル口金を使って
3Dフラワーカップケーキをデコレーション。

その後スマホを使ったフードフォトの講義を受け
撮影ブースを使って実際に撮影。

とっても楽しく充実した内容でしたので
ちょこっと様子をレポさせていただきますね。



カップケーキも焼けるマルチグリル


今回使用したカップケーキは
オーブンではなくノーリツマルチグリルで。

あのお魚を焼くグリル部分で
カップケーキが焼けてしまうんですね。

専用のキャセロールにカップケーキ型ごとセットし
焼いていきます。

IMG_0760

操作はプッシュで出てくるタッチパネルで。
次の操作ボタンが光るので分かりやすいそう。


通常オーブンですと
予熱を除いても焼成に30分近くかかるところ
このマルチグリルでは
予熱なしで15分で焼き上がるそう。


レギュラーサイズのカップケーキなら
一度に焼けるのは6コまで。

オーブンですと天板2枚で4倍量焼けるので
たくさん焼くときはオーブンが向いているようですが
おやつに家族分だけちょっと焼きたい時など
予熱不要で短時間で焼けるのは手軽ですね。



ケーキ生地はデモ分をボウルとホイッパーで
残りの全員分をまとめてスタンドミキサーで。

福本先生とアシスタントの方で
連携をとりながらテキパキと。

出来上がった生地はディッシャーですくって
はかりにのせた型へ。

FullSizeRender

量りながら入れていけば
生地量を迷うことなく均等に。




焼き立てを試食させていただきました。

FullSizeRender

オーブンで焼くのとはまた違い
マルチグリルで焼いたものはふわふわ感とたまご感がしっかり。やさしい味で美味しかったです。



ロシアンノズル口金で3Dお花絞り

今回のデコカップケーキの講師は
スイーツ・デザインスタジオ
ペイストリーシェフ 福本美樹先生。

スタジオ「MAPRIL」が初のポップアップストアを 4/19から「渋谷ヒカリエ ShinQs B2F フードステージ」にて開催。
話題のフラワーケーキの専門店として登場するそうです。


バタークリームは湯煎にかけて作るスイスメレンゲで。
色付けしたら絞り袋の周りにメインとなる色を
中央にもう一色を入れて絞り二色に。

IMG_0762





先生が絞るととっても簡単に見えます。

IMG_0632


デモを拝見していざ実践。

初めての3D口金。
そのまま絞るとクリームが伸びて
口金にくっついてきてしまい
お花の高さも均一にならず。

ググッと軽く押しつけ絞りたい場所に密着させたら
少しねじりながら抜くのがコツのようです。

IMG_0764

お花はカップケーキの真ん中に1つ。周りに6つ。
隙間に葉っぱを絞り埋めていきます。

コツがつかめれば手軽にかわいいお花が作れますね。

気になりながら手が出せずにいたロシアンノズル口金。体験したら早速購入したくなりました。



フードフォト講座&撮影ブースで実践


お花絞りを体験したあとはお楽しみの撮影へ。
フードフォト講座の講師はTetsuoKitagawa先生。

スマホを使った撮影のポイントや
インスタグラムにUPする際の加工の仕方など
教えていただきました。



フォトコーナは3箇所。

IMG_0765

それぞれ全く違ったテイストで
福本先生とアシスタントの方がご用意下さったようです。




テーブルのグループごとに1コーナー10分程で順番に撮影。

momoちゃんが一緒にカップケーキを並べてくれて。

FullSizeRender

お得意なスタイリングはお任せしちゃいました。
momoちゃんのレポはこちら→☆☆☆



今回は基本スマホでの撮影。

FullSizeRender

講義の内容を思い出し
試行錯誤しながら好みのアングルで。






IMG_0663

フードフォトの撮影では
やはり自然光のみが一番写りが良く

照明を使う際は 電球の光と蛍光灯の光を
一緒にせず(きたなくなってしまう)
どちらかで統一した方がいいそうです

照明の下で撮影する際は
上の光を白いボードなど(半透明の傘でも)で遮り
横からの光で撮るといいとか。

色々教えていただきとっても参考になりました。





やっぱり落ち着くのはこのあたりですが

FullSizeRender





今回は新鮮なフォトコーナーで

IMG_0664

普段とちょっと雰囲気を変えて。





FullSizeRender

教えていただいたインスタグラムの加工の
「ストラクチャ」や「チルトシフト」なども使ってみたり。


デコカップケーキもフォト撮影も
あれこれ楽しませていただき 
とっても充実したイベントでした。

こういう機会があったら 是非また参加したいな。

今回のイベント主催のノーリツ「毎日グリル部」は
お料理が好きな方ならどなたでも入部できるそうです。



一日一回クリックで応援いただけますと
ブログ更新・創作の励みになります。

 にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


感謝(●︎´-` ●︎)

今回刺激を受けて 早速試してみたことが。
またご紹介しますね♪

.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


Instagram