前回の黒糖くるみを作った際

フライパンに残った黒糖に

牛乳、寒天を加え、黒糖で甘み調整。

黒糖ミルク寒天に。


Instagramで見かけて気になり注文

先日届いた犬のシリコンモールドを思い出し
 
ちょうどいい色かも?流してみたら

DSC_1529

こんなリアルな子犬になりました。



型の容量は100ccくらい。

DSC_1510

型に流すだけ。寒天なのですぐ固まります。




やわらかなシリコン型。

型離れはとっても良くて

DSC_1511

細かな指先も綺麗にはがれました。





DSC_1513

そして毛並みまでしっかりと出るんですね。




お皿に伏せて型を伸ばすように引っ張ると

DSC_1514




ポトンと外れてこんにちは♪

DSC_1519

まるで生まれたての犬の赤ちゃんが

目の前に現れたよう。



おしりや肉球が何ともかわいくて♡

DSC_1525

細かな爪までくっきりと。

寒天で作ったため微妙なツヤ感が

リアルな生まれたて感を醸し出すのかも。



竹炭パウダーで黒眼を塗ってみて。

DSC_1523

瞳が真っ黒だとあまり生気がないような。


粉砂糖を溶いて瞳の中にちょん♪

DSC_1530

ちょっと息が吹き込まれたかな。
 


型に流すだけで細部まで表現されるので

手軽にリアルな子犬が作れました。

 

ただ、あまりにもリアル過ぎるため

食べる時がなんとも複雑な気持ちに。


ちょっとシュールなのは好きなんですけどね。

これは度を超えておりまして…

早速今後の使い道に悩むという(笑)


気になる型を使ってみた報告でした。


本日もお立ち寄り下さりありがとうございました。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ     

応援いただけると更新・創作の励みになります。


食べ物でリアルさを追求するのは

生き物の場合ほどほどが良さそうね(*´ -`)(´- `*)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

Instagram 



更新通知が届きます。

よかったらご登録お願いします。