先日手頃なミニメロンを見かけたので

食べ頃を待ってかえるメロンに。


昨年初めて挑戦してみたところ意外と簡単で

また作ってみたいなと思っていたんですよね♪

IMG_20190712_215921

今年は腕もつけてこんな仕上がり。

口には手軽にナタデココ♡


作り方はmaiさんのメロンかえるを参考に。
写真も多めで分かりやすかったです。



今回の一番のかんたんポイントは「目」です。 

失敗して目に使う分の皮が足りず

結果的にという感じなのですが^^;


目の土台となる部分を

くり抜いたりカットして作るところ

チョコの形をそのまま生かし

楊枝などを使って簡単に済ませました。

詳しくは後ほどご説明しますね。



メロンかえる。

まずポイントになのが、取り掛かるタイミング

いわゆるメロンのベストな食べ頃だと

くり抜くには柔らかすぎるので


香りがしてきて まだ固そうだけど

おしりを押したらちょっと凹むくらい。

気持ち早めが作りやすいようです。



具体的な工程としては

ヘタのところが口部分になるよう

V字に切り取るので

1562938023064

その際転がらないよう 

底になる部分を薄く切って平にして。

(レシピではここで切った皮を使い目を作ります)




口をカットする角度は45°くらいがいいかな。

DSC_0137

今回はまずテーブルと水平になるよう

下側はちょうど真ん中あたりに包丁を入れ

上側は45°より少し浅めに入れましたが

もう少し深めでも良さそうでした。


というのも

ここで切り抜いた部分の皮を使って

かえるの両腕や手の部分を作るのですが

ここの面積が少ないと…


ほっそい腕&ちっちゃな手のひらに(笑)

DSC_0142

フルーツカッティング用のナイフは切れ味抜群。

スーッとなぞるだけでスムーズに快適でした。




くり抜きに使ったフルーツデコレーターは

DSC_0139

ミニサイズのメロンにはちょっと大きめで。

昨年の記録を見たら100均のミニサイズのが

ちょうどよかったようです。


先程底を平にするために切り取った皮を使い

目の土台となる部分を作るのですが

こちらも大きさ足りず。


小さな目だとかわいくないし…

どうしようかなと。


裏返した丸いホワイトチョコに

マーブルチョコを重ね溶かしチョコで固定。

DSC_0146

冷蔵庫に入れるとすぐ固まりくっつきます。


そして半分ほどに折った爪楊枝を2本ずつ

左右の目の部分にV字に差し込み角度を調整。

IMG_20190712_224223




チョコレートで作った目を直接立て掛けました。

IMG_20190712_215921

お好みでスライスしたプラムやさくらんぼで

ほっぺをつけたら出来上がり♪



ミニサイズのメロンの方が

気軽に挑戦できるかなと思いますが

大きめのメロンの方が

パーツも大きく作りやすいようです。


口部分のV字カットと

中のくり抜きができればそれなりに。

腕なしでも充分かわいいですしね♡


見た目より簡単で華やかに仕上がる

メロンかえるおすすめです♪



昨年はゼリーで上げ底。

すいかのおさかなを泳がせたり♪


最後までお読み下さりありがとうございました。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ     

応援いただけると更新・創作の励みになります。


一時期はタピオカ並に

一世を風靡したナタデココ。

実は発酵食品なんですね(*´ -`)(´- `*)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

Instagram 



更新通知が届きます。

よかったらご登録お願いします。