レーズン酵母でチョコベーグル。

DSC_0688

ココア生地にクーベルチュールを巻き込んで。

DSC_0657


自家製酵母は発酵に時間がかかりますが

DSC_0656
左はチョコチップスコーン。

いくつか仕込んでおいて 

のちのち仕上げる楽しみも。


元種が育ってくるので使わないと。

か床に野菜を漬けるように

毎日なにかしら仕込むと自ずと焼く流れに。


発酵がゆっくりな分

ストライクゾーンも広いので

意外とまとまった時間がなくても作れたり。


気まぐれで一部耳をつけてみました。

DSC_0663

爪楊枝でプスプスさして補強して。

とれちゃうかな?どうかな?




案の定 ケトリング時にほぼ脱落(´・ω・`)

DSC_0677





唯一耳が残ったのは チョコがはみ出て

DSC_0681

おまけの焼きチョコどうぞ。




残るは耳の痕跡のみ。成形もほどけ

DSC_0679

久しぶりに視力検査できそうな。



ココア生地は 乾燥しやすい分

生地もくっつきにくいので

気持ち水分多めがいいですね。


そして耳をつけるなら

かえるベーグルみたいに後付けで。



こんな時は刻んでつまみましょ。

DSC_0685

これまたクリームチーズを塗っても美味。




ケトリングで取れた耳は

一緒に天板へころっと転がし焼成。

途中で取り出すのを忘れ…


ベーグル取り出し後もすぐ予熱。

バスク風チーズケーキを高温で焼いて…





最後天板から出てきたのは

IMG_20190617_220404

焦げたブルーベリーのような耳でした。


本日もお立ち寄り下さりありがとうございました。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ     

応援いただけると更新・創作の励みになります。


忘れられた耳の気持ちを思うと

泣きそうになるお年頃(*´ -`)(´- `*)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

Instagram 



更新通知が届きます。

よかったらご登録お願いします。